ブラック企業でない

育て活かせる人材育成とブラック企業の違いとは

就職をして仕事を覚えて会社の即戦力になるまで多くの時間が必要となります。多くの時間を要したからこそ得られることは沢山あり、会社側へ還元できるような人材になるのです。このような企業に定年まで居続け次の世代を育成することが企業も人も成長を遂げていきますが、近年よく聞かれるこられらの真逆な企業をブラック企業と呼んでいます。しかし誰もが始めからブラック企業に就職したくてする訳ではなく、入社し働く中で徐々におかしいと把握することが多いようです。本来なら入社する前にブラック企業と見抜くことが最良なのですが、年々人材確保も巧妙化になっているので難しいのが現状です。入社してからでもブラック企業と見抜き脱出するためには、どのようなことに注視すればいいのでしょうか。

超えてはいけない最大限の労働時間

ブラック企業はとにかく社員を大切にしないだけではなく、賃金の不払いや時間外労働のひどさが目立ちます。具体的には労働基準法で労働時間は1日8時間、週40時間以上の労働は超えてはいけないと決められています。法律で定められている条件を満たせばこの例外も認められていますが、「週15時間、1ヶ月45時間」はどんなことがあっても超えてはいけないと定められています。また休日出勤や有給休暇が取得できない、パワハラが行われているなど明らかに従業員の権利が重視されていないのであれば、転職を考えてみる必要があるといえます。定年まで働くことができる企業はこのようなことはなく、個人を使い捨てのように扱いません。労働者の権利を主張できたり企業側に改善を求めることができるのか、など企業と労働者のバランスが保たれていることは、定年まで働き続けることのできる企業であるといえます。

© Copyright Where Is Easy To Work. All Rights Reserved.