広範囲の転勤がない

地域限定社員の採用をしている企業を探してみよう

定年まで同じ会社で働き続けたい人は、就職活動の時に広範囲の転勤がない会社を候補に入れることがポイントです。最近では、転勤を希望しない求職者のニーズに応える形で、様々な業界の中で地域限定社員の採用を積極的に行っている企業の数が増えています。こうした働き方を選ぶ場合は、全国転勤の可能性がある社員と比べると、基本給や各種手当が低くなったり、出世のチャンスが制限されたりすることもあるため、将来を見据えて採用試験を受けることが大切です。 また、マイホームの購入や育児、介護などを計画している人は、面接を受ける前に担当者に転勤の可能性について質問をしたり、全国の支社の場所について必ず調べたりする必要があります。

事務や経理の職種は転勤の対象となりにくい

国内外で事業展開を進めている企業においても、事務や経理などのデスクワークの職種は、広範囲の転職の可能性が低く、多くの求職者から人気があります。一方、転勤の機会が少ない職種は、採用条件として数年の業務経験や資格を求められるケースが少なくないため、より良い条件の会社に入社するうえで、選考までに可能な限りスキルアップを図ることが重要です。 優秀な人材の確保に積極的な企業の中には、求人募集の際に転勤の少なさをアピールポイントとしているところが多くあります。そうした中、定年まで安心して働ける職場を見極めるうえで、早い時期から志望企業の求人票を確認して、転勤の有無だけでなく給与体系や昇進昇格のシステムなどを把握しておきましょう。

© Copyright Where Is Easy To Work. All Rights Reserved.