休日が充実している

プライベートを充実させるためには

勤労が美徳とされる日本社会ですが、若い世代を中心に仕事と同じ位、プライベートを充実させたいという発想が根付いてきました。欧米諸国ではむしろ日本とは真逆であり、ビジネスよりも家族団らんや自分のライフワークを優先して当然だ、というマインドセットが一般的です。仕事探しをする上で、休日がしっかりと取れるか、有給休暇が豊富に設定されるいるか、この点は大変重要です。また有給や育児期間などが、しっかりと申請できる企業風土があるか、この点も大切です。対外的には働きやすい職場とPRしているものの、実際は有給の申請を上司にしても、様々な理由をつけられて却下される、という組織が残念ながら少なくはありません。仕事探しをする際は、有給か正しく消化できる組織か、休日出勤などが常態化していないか、という点をよくチェックしましょう。

休暇や有給が正しく取得できる組織はホワイト企業

週休二日制が正しく守られている職場なら、一家団欒や自分の趣味の時間を充分確保出来るでしょう。離職率が高かったり、若手社員の育成が上手く運んでいない企業は、なかなか社員全員が休めません。対外的には週休二日制を採用していると、PRしているものの実質的には休日出勤が常態化していたり、金曜日から土曜日の朝昼まで徹夜状態でオフィスに缶詰めにされたりと、こういった労働環境では、プライベートを充実させる事は困難です。休日がしっかりと取れる組織イコール、労働環境が良く職場が円滑に稼働している組織、とも言えます。充分な人員が職場に在籍しており、ワークシェアリングが組織内で円滑に運んでいるからこそ、スタッフが通常通り休暇を取得でき、有給や育児休暇なども滞りなく取得できるのです。

© Copyright Where Is Easy To Work. All Rights Reserved.